Exercise

筋肉をつける

加圧トレーニングで先ず目指すもの

基礎代謝を上げることは減量にも繋がります。その為には筋力を上げる必要があるでしょう。何故なら、人には、代謝がありますが、筋肉をつけると代謝が、 上がりますからそのことにより痩せやすくなり、なおかつ、太りにくくなるのです。 この効果を早く身につけるために先ずは筋肉をつけることが肝要と言えます。 加圧トレーニングは、低負荷で筋肉をつけやすくします。 よって簡単な自重トレーニングで簡単に筋肉をつける事が出来ます。 例えば、加圧しながら、ペットボトル500CCのものをダンベルの様に持ち上げるのを 30回ぐらいして下さい。 もうへとへとです。これが筋肉に負荷をかなりかける事になります。 そして筋肉がつくのです。

加圧のトレーニングの効果について

加圧トレーニングの効果はどんな理由で人の筋肉をつけていくのでしょうか。 その説明を致したいと思います。 先ず、上腕二頭筋や大腿筋を専用のスーツみたいなものに締め付けるロープみたいなものがあります。 それを巻いて上腕二頭筋や大腿筋に腕や足に酸素がいかないようにするのです。 この事をして筋トレの低負荷をすることにより体は、筋肉に対し高負荷の筋力トレーニングを 長時間しているものだと勘違いをおかし、加圧トレーニング後に、成長ホルモンが通常の200倍程出ます。 よって、筋肉の成長が促されます(通常の高負荷の筋力トレーニングの場合、100倍が最高だと位だといわれております。) そのため、それほど、苦労をしないで、筋力増強が出来るのです。